【脳活レシピ(15)】食物繊維たっぷり〝ごぼうポタージュ〟で腸活‼

腸の不調は脳に影響し、脳に受けたストレスは腸に影響するといった関係を腸脳相関といいます。
今回は、腸内環境を整えるために必要な食物繊維を豊富に含むごぼうを使った「ごぼうポタージュ」のレシピをご紹介します。腸内環境を整えて腸活&脳活しましょう!(管理栄養士:彌永清子)

目次

ごぼうの栄養

食物繊維

食物繊維には2種類あり、それぞれ違う働きをします。

◎水に溶ける性質の「水溶性食物繊維」…「便を柔らかくする」働き
◎水に溶けない性質の「不溶性食物繊維」…「便のかさを増やす」働き

ごぼうは、この2つの食物繊維がバランスよく含まれています。
他にも生活習慣病を予防する働きもあり、食物繊維は、健康を維持するための重要な栄養素です。

食物繊維で善玉菌が増える⁉
食物繊維は腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やす働きがあります。善玉菌を増やすことで、腸内環境を整えることが期待できます。

クロロゲン酸

ごぼうから出るアクには、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が含まれています。
クロロゲン酸は、強い抗酸化力を持ち、活性酸素の発生を抑えてくれます。

アクを抜きすぎないためのポイント

抗酸化作用のあるクロロゲン酸を食事に取り入れるために、

  • たわしなどでよく水洗いする
  • 包丁の背で皮の表面を薄くこそげ落とす程度にする

など、皮をきれいに剥いてしまわないのもポイントです◎

ごぼうポタージュ

それでは、 食物繊維を豊富に含む「ごぼうポタージュ」のレシピをご紹介します。

材料(4~6人分)※ごぼう1本分の分量です。

ごぼう         1本
玉葱          1/2個
長いも         100g
だし( 昆布・鰹節 )   400mℓ
無調整豆乳       200mℓ
塩           小さじ1
こしょう        少々

★付け合わせ        
長いもすりおろし    適宜
れんこんチップ     適宜
黒ごま         適宜

作り方

1.ごぼう・玉葱・長芋は、薄切りにする。

2.鍋に、1とだしを入れ、火にかけ、軟らかくなるまで煮る。

3.軟らかくなったら、なめらかになるまでミキサーにかける。
(やけどをしないように注意しましょう)

4.鍋に、3と無調整豆乳を合わせ、沸騰しない程度に温め、塩・こしょうで味を調える。

5.器に盛り、長いもすりおろし・れんこんチップ・黒ごまを飾る。

調理のポイント

  • 「だし」は、顆粒だしでもOK
    昆布・鰹節でとっただしにすると、食塩が控えられ、カリウムなどのミネラルが摂取できます。
  • 無調整豆乳は牛乳でも代用できます。
あわせて読みたい
【脳活レシピ(14)】冬が旬のぶりは栄養満点!美味しく食べて、脳を活性化! 養殖物もあることから1年中店頭に並ぶ「ぶり」ですが、旬は12月~3月。中でも12月~2月に漁獲される「寒ぶり」は脂がのって特に美味しいと言われます。さらに、ぶりは栄養も満点で良質なたんぱく質と脂質が豊富で、ビタミン類や鉄などのミネラルも多く含みます。今回はこれらの栄養素を効率よく摂れる「クルミだれの鰤しゃぶ」をご紹介します。
あわせて読みたい
【脳活レシピ(13)】簡単!アレンジ色々!季節野菜のピーナッツ和え 最近、ピーナッツは「良質な油」として健康効果が注目されています。粉末ピーナッツはその名の通り、香ばしく煎ったピーナッツを粉末にしたモノですが、パウダー状になるまで細かく粉砕したタイプと、食感が残るよう粗挽きにしたタイプがあります。
あわせて読みたい
【脳活レシピ(12)】手軽で栄養豊富なさば缶を使って簡単「さばビーンズカレー」 さば缶は手軽に食べられるだけでなく、新鮮なサバを水揚げしてすぐに缶詰加工しているため、栄養価が高いことが特徴です。 手軽で栄養豊富なさば缶を使って、鍋に入れて煮るだけの簡単レシピ「さばビーンズカレー」をご紹介します。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

福岡県栄養士会の会長、大部正代が健康寿命の延伸を目的とし、2019年に設立。管理栄養士による栄養相談を始め、レシピ開発、講演やセミナー、健康イベント等の活動を行う。

目次
閉じる